撮影小道具の運搬におすすめ!普段使いもできるShupattO!

この記事を読むのに要する時間: 3
T.Mizuguchi
T.Mizuguchi

こんにちは!フォトグラファーのMizuguchiです!

まだ6月に入ったばかりなのに、30度近くの夏日が続いていて外出が大変ですね。。

僕自身も、先日中山寺にお宮参りの撮影依頼をいただき、行ってきたのですが、たった1時間の撮影でも汗ぐっしょぐしょ・・・咽カラッカラ・・・

撮ってるほうでこれなので、ご祈祷を終えてからの撮影となったお客様は、さぞお疲れだった事でしょう。。

さて、そんな中でも撮影時の小道具運搬に役立つエコバック「ShupattO」を紹介しましょう!

普段使いもできるエコバック「ShupattO」とは?

Shupatto(シュパット)とは、セブン&アイホールディングスのプライベートブランドとして今年5月に発売された折り畳み式コンパクトエコバックです。

サイズ展開は2種類で、約20L収容できる大きいサイズ(税込2178円)と、お弁当箱とおやつが入りそうな約6L収容できる小さいサイズ(税込1078円)があります。僕は大きいサイズを買いました。

カラー展開も、いまのところ「ネイビー」と「レッド」の2種類のみです。ネイビーのほうは、何も模様がなく、男性でも持ちやすいデザインとなっています。

そしてレッドのほうは、水玉模様があしらわれており、女性向けにデザインされています。普段のお買い物も、気分が上がりますね!

お店によって陳列場所はさまざまです。こちらのお店ではストッキングと一緒に釣られていました。

ちなみに、現在同製品は入手が難しいようです。そんな時は、楽天やアマゾンでも販売していますので、そちらでお買求めくださいね!セブンイレブン限定のとはまた異なった種類が展開されています♪

ShupattOがすごい理由は、その形状にある!

ShupattOがすごいのは、エコバックの「形状」にあります!

閉じてる状態。普段持ち運ぶときに、このサイズに納まるのは嬉しい。
束ねるためのゴムがついているのもありがたい!
展開して袋状にした状態

こうしてみると、開いた状態はとくに普通のように見えます。しかし、特殊な折りと縫いをする事で、なんと、一瞬で畳めるという秘密があるのです。

バッグの両端をいっきにひっぱると、一発で帯のような形状になります。
帯を半分くらいで折った様子。開ききった状態からこの状態にするのにかかった時間は、わずか3秒程度。

ここまで折畳みが簡単で、コンパクトに納まるのなら、普段持ち歩かない手はないですね!

大容量で高耐荷重!つまり、小道具運搬に超便利!

自身の経験からお話すると、お宮参り、七五三、バースデーフォトなど、小さいお子様が主役の撮影は、小道具が増えがちです。

本来ならば、出来るだけ荷物を減らして、撮影時の機動性を確保したいところ。しかし、とくに小さなお子様がいらっしゃる場合、身振りや口で説明しても、なかなか分かってもらえません。

そのため、撮影カットのバリエーションを増やすためにも、小道具を使ってすこし演出を加えたりします。結果的に、小道具の持ち運びが多くなるのです。そうすると、大容量で耐荷重にも余裕のあるものが必要という事になるのです。

底の部分はかなり広い。
スーパーでカゴ1つ分を購入し、詰め込んだが、問題なく手にさげて、家に帰ることができた。
耐荷重は5Kg!
そうとうな重さに耐えれる事がわかる。
このバックの中に、撮影に使用した小道具たちと、100cm程度の折り畳み式丸レフが入っています。
それでいてなお、余裕を感じさせる見た目だ。

まとめ

ShupattOは、普段持ち運ぶときは非常に軽量でコンパクトなので、邪魔になりません。それにも関わらず、5kgもの重みに耐えられて、かつ折り畳みスピードは非常に早いといった、優れたアイテムです!

つまり、撮影小道具の運搬や、何かの時のために、かばんに忍ばしておくことが出来ます。

ちなみに、洗濯して陰干しする事ができます

カメラマンの皆様は、小道具の入った袋やカメラバックなどを地べたにそのまま置いて撮影する事が多いと思いますので、これは嬉しいポイントですね!

全国のセブンイレブンで取り扱っていると思います。見つけたら即ゲットしましょう♪

ABOUT US

creative-tree
creative-treePhotographer
兵庫県宝塚市在住のGoogle認定フォトグラファー。30代前半。 ある日、自身が常に写真を撮っていたため、家族全員で写った写真がないことを悔いる。他の誰にもこのような寂しい思いをして欲しくないという事から、家族写真を中心に安価で良質な写真を撮ることを決意。現在は、お宮参りや誕生日などの家族写真から、プロフ撮影、物撮り、建築物に至るまで、様々な被写体を撮り続けている。 なお、園芸や登山を趣味としており、仕事とプライベートがごっちゃになったブログを運営している。