Neewer撮影耐荷重サンドバッグ購入レビュー

この記事を読むのに要する時間: 2
T.Mizuguchi
T.Mizuguchi

こんにちは!フォトグラファーのMizuguchiです!

記念すべきレビューの第一投が、撮影の名脇役アイテム「サンドバッグ」のレビューとなります!

屋外でのロケーション撮影や、趣味レベルの撮影であれば、あまり利用する方もいらっしゃらないと思います。しかし、屋内外でのライトスタンドや、俯瞰撮影時のスライディングアームのバランス調整と、実は使う場面は結構あったりします。

今回は、サンドバッグをお得に用意する方法をお伝えします♪

「サンドバッグ」の実情

サンドバッグはお財布に優しくない。

サンドバッグはその名前の通り、砂をバッグに詰めた物です。砂の比重は水よりも重いので、少ない量で重さを確保する事ができる優れた「重り」です。

もちろん中身は砂ですので、スタジオで漏れると大変です。そのため、漏れないような丈夫な布製バッグに詰めておく必要があります。これらの要件を満たしたサンドバッグは、購入するとなると1つ2000円程と非常に高い(汗)。

そして、欲しい重量が自由に選べないというデメリットがあります。

たとえば、スライディングアーム先端にフルサイズ一眼レフカメラとレンズを装着すると、重量3キロ弱になります。これに対して、逆側に吊るすサンドバッグが1キロではあまり安定しませんよね。支点からの力点と作用点の距離によって若干異なりますが、だいたい同じくらいの重さが理想なのです。

ところが、現在流通しているサンドバッグのほとんどが、大型用の重たい物です。スタジオ撮影用に、大型のライトスタンドに2m近くのブームアーム、先端にストロボ+アンブレラやソフトボックスという組み合わせ向けに用意されている事が多いです。

あまりに重たいサンドバッグは、1つで大型機材のバランスが取れるという即効性に優れます。しかし、実際は、2キロや4キロなどの比較的計量な物を少しずつ調整しながらひっかけていくほうが持ち上げやすく、身体の負担も軽減されます。

そういった意味でも、小袋をたくさん用意する方法をオススメいたします♪

お財布に優しい「Neewer製サンドバッグ」

そんな悩みを解決してくれるのが、Neewerから発売されているサンドバッグです。試しに購入してみました!4つ入って3000円しない!超お買い得アイテムでした!

安い理由は次ぎの通りです。

  • 中国を中心に展開するNeewerが発売している製品は、中華製のためそもそも低価格。
  • 「砂」は付属していない。

サンドバッグの命とも呼べる、砂は自分で詰めるセルフサービス仕様です。

注文して翌日到着。早速「サンドバッグ」を作る!

今回、Neewerを含め、中国メーカーの撮影機材を豊富に取り扱っているアマゾンで購入しました。プライム対象だったので、翌日到着しました!

amazon.co.jpより引用

商品構成内容

  • サンドバッグ本体 ×4袋
  • ジップ付ビニール袋 ×8枚
  • カラビナ ×4個 (始めからサンドバッグに装着済み)

サンドバッグ1個につき、2つのポケットがあります。砂を付属のジップ付ビニール袋に詰めて、それをポケットに格納したら出来上がりとなります。

サンドバッグの製作作業開始!

と、いうわけで早速ホームセンターで砂を購入してきました。ホームセンターコーナンで400円弱(税込)で購入できました!他に、「真砂土」という物もありますが、基本的には「砂」や「川砂」がオススメです。

「真砂土」は庭に使われる土で、踏むとカチカチに固まります。それに対して、砂や川砂は踏んでも握っても固まりません。ある程度柔軟性を持ったサンドバッグのほうが、様々な機材の形に対応できて使いやすいので、ぜひ「砂」をご購入ください。

内容量18kg

まず、付属のジップ付袋に砂を好きな量詰めます。サンドバッグは1個につき2口のポケットがあります。私は一袋につき2kgずつ計量して詰めたので、サンドバッグの重量は1個あたり4kg程度の計算です。ジップ部分に砂がつくと、密閉できなくなるので、あらかじめ折り返しておくのがオススメです。

外側に折り返すのがポイント!
すべて詰め終わり、室内に持ち込みました!

8袋すべて詰め終われば、ここからサンドバッグに収める作業になります。

まずは、サンドバッグが動いたときに、砂の入ったビニール袋が破けにくいように、空気をできるだけ抜きます。

2kgでだいたい付属の袋の半分ほどでした。残りの部分から空気ができるだけ抜けるようにジップしました。
余分なビニールは、折り返してPPテープで固定しました。

ちなみに、付属してきたビニールも厚みはそこそこありました。本家ジップロックほどの厚みは感じられませんでしたが、ほぼそれに近い厚みはありそうです。

しかし、撮影時にやぶけて砂をぶちまけたら大変なので、念には念を入れて、自前の袋を用意して二重としました。

二重にした方のビニールはPPテープで止めたりしませんでした。

次に、これら無心に作業して作った砂袋を、丈夫なバッグに入れていきます。

ちなみに、2kg入った砂袋をポケットに格納するのも、きつくて大変でした。それで、実際に入れた状態のものがこちら。

ポケットの上部分に若干の余裕があるのが分かります。3kg分ほどの砂袋は入りそうです。

これらの作業を無心に進めること数分。いよいよすべてでき上がりました!

4個のサンドバッグができた!1個あたり約4kg。カラビナは最初から付属していました。

いよいよすべて完成しました。

完成品を各種機材に装着してみた!

試しに、スライディングアームを限界まで伸ばした先に、フルサイズ一眼レフカメラを固定してみました。

超安定しています!

他にも、ライトスタンドの足下に固定したりすることで、ストロボ機材の転倒防止に役立ちます。

まとめ

最後になりますが、砂代と自前のジップ袋代を合わせても合計3000円ほどでした。1つあたり750円程度と、普通に購入するものの約1/3の金額でサンドバッグができてしまいます!

砂を買ってきて、詰める作業は地味に時間が掛かりました(1時間弱ですが)。しかし、こんなにもお金を節約できるのなら、試してみる価値があることは間違いありません。

しかも自作する事で、重さの調整が自由にできます!

それはつまり、必要最低限の重量のサンドバッグを確保できるという事は、撮影時の負担軽減に繋がります。また、ロケーション撮影で持ち運ぶ時も、荷物を軽量化できて、身体が楽になります♪

皆さんも、ぜひお試しください♪

【2020/05/26】追記

5月26日現在アマゾンでの在庫が切れています。おそらく新型コロナの影響もあるかと思いますので、旧製品にはなりますが下記にリンクを用意いたしました。ジップ付き袋は自分で用意しないといけないなど、少し勝手が異なりますが、急ぎ必要な方はいかがでしょうか。

ABOUT US

creative-tree
creative-treePhotographer
兵庫県宝塚市在住のGoogle認定フォトグラファー。30代前半。 ある日、自身が常に写真を撮っていたため、家族全員で写った写真がないことを悔いる。他の誰にもこのような寂しい思いをして欲しくないという事から、家族写真を中心に安価で良質な写真を撮ることを決意。現在は、お宮参りや誕生日などの家族写真から、プロフ撮影、物撮り、建築物に至るまで、様々な被写体を撮り続けている。 なお、園芸や登山を趣味としており、仕事とプライベートがごっちゃになったブログを運営している。